引き直し計算NET

引き直し計算であなたの本当の借金額が見てくる!大幅に減額になる人や支払いすぎた利息が戻ってくることも!

利息制限法にあわせた利息で今までの借金返済を再計算しよう!

二つの法律で挟まれた違法だけど違法じゃない金利

グレーゾーン金利:利息制限法の決められた上限金利を超えるが、出資法の決められた上限金利の範囲内にある金利のこと。

二つの法律でそれぞれ上限金利が異なるということが一番の問題なのですが、、、

利息制限法
元本が10万円未満の場合:年20% 元本が10万円以上100万円未満の場合:年18% 元本が100万円以上の場合:年15%
※上限金利を超える金利は無効。
※超過部分を任意で支払った場合には返還請求できない
出資法
金額を問わず 年29.2%(閏年29.28%)
※上限を超えるような契約をした場合には、下記罰則有り。
5年以下の懲役若しくは1000万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。
(出資法5条2項)

本来なら、利息制限法を超える部分は無効であるのでグレーゾーン金利自体も有効となることはないのですが、一定の条件を満たす場合には『みなし弁済』として、有効な債務の弁済として認めるという例外的な決まり(貸金業法43条)があったため、貸金業者の多くはグレーゾーン金利で設定していたのです。
※この条項は2009年12月19日を目処に廃止されました。

グレーゾーン金利で借金返済をしていた人、再計算すべき

グレーゾーン金利でお金を返し続けていた人は、間違いなく今残っている借金を大幅に減らすことができます。

法律上は、借金ゼロになっていたという人も少なくありません。

それどころか貸金業者に対してお金を返しすぎているという人も何十万人といるくらいです。そのお金を返してもらおう!というのが弁護士や司法書士がテレビや雑誌などでたくさん広告を出している過払い請求という手続きなのです。

このサイトを読んでいるあなたも借金ゼロ、過払い金あり!ということになっているかもしれません。

すぐに引き直し計算をして確認してみませんか。

引き直し計算NETのトップページへ