引き直し計算NET

引き直し計算であなたの本当の借金額が見てくる!大幅に減額になる人や支払いすぎた利息が戻ってくることも!

利息制限法にあわせた利息で今までの借金返済を再計算しよう!

引き直し計算をすると借金が大幅に減ることになる!?

以前から、貸金業者からお金を借りている人の多くは、実質年率20%以上で借りていたのではないでしょうか?

最近の銀行系カードローンや信販系だと低金利で借入できますが、貸金業法が改正される前は、多くの貸金業者が実質年率20%以上で貸付を行ってきました。

【大手貸金業者の以前の貸付金利】
会社名 当時の金利
アコム 27.375%
アイフル 28.835%
三洋信販 29.0%
武富士 27.375%
プロミス 25.55%
レイク 29.2%

お金を借りるんだから、キャッシング会社が決めた利息を支払うのは仕方がない・・・そう考える人がほとんどではないでしょうか。

しかし利息を定めるにあたりキャッシング会社やクレジットカード会社も守らなければならない法律があるのです。

それが、利息制限法や出資法と呼ばれる法律です。

【利息制限法が定める上限金利】 ※超過部分については、無効とする。
利息制限法
元本が100,000円未満の場合 年2割(20%)
元本が100,000円以上1,000,000円未満の場合 年1割8分(18%)
元本が1,000,000円以上の場合 年1割5分(15%)

もう一度、大手キャッシング会社の金利を見てください。
利息制限法を大幅に超えているのが分かると思います。

引き直し計算とは、今までの取引(借入と返済)を見直して、利息制限法で定められたとおりの低い金利で利息を支払っていたら、借金はどれくらい減っていたのか?ということを確認するための計算です。

中には計算してみたら、過払い(借金が0になっているどころか、支払いすぎている状態)になっている人もいます。

計算結果を基に借金の減額や支払いすぎた利息を請求できる!

引き直し計算をすることの最大のメリットは、計算結果を基に特定調停を申し立てて借金の減額を求めることができたり、支払いすぎた利息がある人は、そのお金を貸金業者から取り戻すことができることです。

借金生活が長い人、借金返済に困っている人であれば、一度、引き直し計算をして、あなたの借金の本当の額を確認してください。

引き直し計算NETのトップページへ